安くて切らないわきが治療クリニック7選

全国からワキガ治療が得意な
クリニックを集めました

本サイトは、全国から切らないバレない、しかも価格が安いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

わきが治療の傷跡

ワキガの治療の傷跡は残る?

ワキガを治療するにあたって気になるのが治療の痕。切開を必要とする手術の場合、どれくらいの期間、傷が残るのでしょうか。傷が残らない治療法は?

切るワキガの治療としてもっともメジャーなのが剪除法。脇の下を切開し、皮膚を反転させてアポクリン線を取り除く方法です。直接、目で見ながら取り除いていくため、効果が高いといわれています。

メスを入れる際、ワキのしわに沿って切開し、縫合するので、傷跡は目立ちにくいとされていますが、その仕上がりは、医師の腕によって大きく左右します。中には、傷跡が目立ってしまい、その修正を別のクリニックで行ったという人もいるようです。

上手なクリニックであっても、術後、しばらくは傷跡が残ることが多いようです。半年ほどで目立たなくなるといわれていますが、手術痕が消えるまでには1年はかかると思っておいたほうがいいでしょう。

傷の残らない手術は?

ワキガの治療の中には、傷の残らない治療もたくさんあります。特殊な電磁波を照射して汗腺にダメージを与えるミラドライ、高密度焦点式超音波を使い、汗腺に熱エネルギーをあてて過度な発汗作用を抑えるウルセラドライ、針先から熱エネルギーを放出し、汗腺を破壊するビューホットなどは、切開せずに行えるので、傷跡も残りません。

このほか、注射でボツリヌストキシンを注入するボトックス法、脇を1~2センチほど切開し、専用の医療器具を挿入してアポクリン腺を粉砕・除去するマイクロリムーブ法、脇を1センチほど切開し、専用のカニューレを挿入し、アポクリン腺を吸引・除去する吸引法も、切開してもわずかなので、傷が目立ちにくい治療法です。

コンテンツ一覧