わきが治療で評判のクリニック5選 全国のわきが治療の名医を集めました

「わきが治療で評判のクリニック5選」は、全国で評判の良いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

わきがを予防する3つのポイント

ここでは、わきが予防に繋がる3つのポイントを解説します。

わきが予防・対策にはまず衣類を清潔に保つこと

強い臭いを発するわきがを予防するためには、わきがの原因を知りその原因を除去しなければなりません。
わきがの臭いは、汗腺であるアポクリン腺から分泌される汗が、脇の皮膚上で細菌に分解・酸化されることで起こっています。
汗をかいても裸のままでいれば、脇の下の温度や湿度が上がりにくいため比較的細菌の繁殖は抑えられます。

ところが私たちは衣類を身につけて生活しています。
体温で温められた衣類に汗や皮脂がしみて、多湿となることで細菌の繁殖が活性化されるのです。

衣類の着替え

わきがの予防には、衣類の着替えと脇の下の洗浄が効果的です。
衣類にアポクリン腺から分泌された汗や皮脂がしみてそのままにしておけば、細菌が繁殖して悪臭を引き起こしてしまいます。
ですから、汗や皮脂のしみた衣類はそのままにせず、できるだけ早く着替えるようにしてください。
そうすれば原因となる菌の繁殖も起こりにくくなります。

脇の洗浄

原因となる汗と細菌、皮脂を除去するためには、脇の下を洗浄するのが最も効果的です。

できるだけ小まめにシャワーを浴びたり、脇の下を洗ったりすると良いでしょう。
もっとも日中、頻繁にケアすることは難しいので、制汗効果のあるウエットティッシュなどを使って脇を清潔に保ちましょう。
また、腋毛にも細菌が繁殖しますので、こまめに処理をすることを心がけてください。

食生活の改善でわきがが抑制できる

わきがは日常食べている食物を変えることで緩和されることがあります。
わきがの原因を作るアポクリン腺の機能を活発化させる食べ物としては、タンパク質や脂質が挙げられます。
具体的には、肉や乳製品、揚げ物などです。

コンビニやファーストフードなどで肉中心のお弁当やお惣菜を買って日常食にしている人は要注意。
また、汗の分泌が多いとわきがも起こりやすいと言えます。汗の分泌を刺激する食品としては、塩分や糖分が沢山含まれるもの、アルコールやスパイスなどの刺激物があります。

わきがを予防するなら、植物性の油を使った食事や、魚中心の食事に変えてください。
また、梅干しや果物・緑黄色野菜などのアルカリ性食品、お茶や酢などは体臭を抑える効果があると言われていますので、積極的に普段の食生活に取り入れていくのをおすすめします。

わきがは食事と関係がある?

ニンニク料理を食べた後やお酒を飲んだ後に体臭が強くなるという経験がある人は多いと思います。これは、肉や乳製品といった食材を好んで食べていると、アポクリン汗腺から分泌が活発になってしまい、わきがの原因となるからです。

参考:長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 教授:新川詔夫「耳あかのタイプを決定する遺伝子を発見」
http://www.jst.go.jp/kisoken/seika/zensen/12niikawa/

肉料理やチーズなどを好んで食べる欧米人は体臭が強いという話があるように、食生活と体臭は大きく関係しているのです。臭いの強い食材を食べた後や発汗作用のある辛いものを食べた後はわきががキツくなる傾向があります。つまり、わきがが気になるのであれば、普段の食事から気を使う必要があるということです。

わきがになりやすい食材

臭いの強い食材

臭いの強い食材の代表格といえば、ニンニク、ニラなどが挙げられます。ほかにもカレーで使われるスパイスやお酢などもわきがが強くなる原因になる食材です。

動物性油脂

ラードやバターなど、動物性由来の油脂は皮脂腺やアポクリン汗腺を刺激する作用があります。そのため、これらを多く使った料理を食べるとわきがが強くなりやすいです。

餃子やチャーハンなど、中華料理ではラードがよく使われますし、洋菓子にはバターがたくさん使われるので注意が必要です。とくに餃子はさきほど挙げたニンニクやニラも使われる料理ですのでわきがの天敵とも言える料理です。

とはいえ、身近な食材でもあるため、すべてを遠ざけることは難しいでしょう。食べるときは量を減らすなどの工夫をすると良いでしょう。

リノール酸が含まれる植物性油

リノール酸は人間の体内で生成することができない必須脂肪酸と呼ばれる重要な成分です。コーン油や大豆油などに豊富に含まれており、コレステロール値を下げる働きもあるのですが、酸化しやすいという特徴があります。

酸化した脂質がワキガの原因となるニオイ物質を作りやすくしてしまうため、リノール酸の摂り過ぎには注意が必要です。

お酒・タバコ

健康に悪いとされているお酒やタバコですが、実はわきがにも悪影響を与えることが分かっています。アルコールは体内で分解されて強いニオイ物質を作る特性があります。この物質は発汗することで体外に排出されるのでそのままわきがの原因となるのです。汗+ニオイ物質のダブルパンチでお酒を飲んだ時のわきがはより強く感じられるものになります。

また、タバコもアポクリン汗腺を刺激する効果があり、ニオイを強めると言われています。これらのものは飲み過ぎ、吸い過ぎ体にも悪いため、わきがを気にしている人は控えることをおすすめします。

わきがを予防する食生活

わきがを強めてしまう食材もあれば、わきがを抑える食材もあります。わきがを気にする人は以下のものを進んで摂るようにしましょう。

ビタミンA、C、E

これらのビタミンはビタミンACE(エース)とも呼ばれ、抗酸化作用が強いとされています。そのため、体内の活性酸素を除去してくれることで、わきがの原因となる酸化を抑えるのです。ビタミンAは魚類、緑黄色野菜、ビタミンCは果物やイモ類、ビタミンEはナッツ類や魚卵に豊富に含まれています。

和食

和食は刺激の強い食材や油をたくさん使わない料理が多いのでわきがになりにくいとされています。納豆や漬物など、臭いの強いものもありますが、これらは発酵臭なので体に吸収されて消えてしまいます。

また、梅干しはアルカリ性なので、酸性になった体を中和してくれる働きがあります。メカブなどもおすすめで食物繊維が豊富で中性脂肪を抑える働きがあるのでおすすめです。ほかにも緑茶は抗酸化作用が強いとされていて、カテキンの中にはビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。普段から飲むことができるのでお手軽に始めることができます。

規則正しい食生活を

夜中まで起きて夜食を食べたり、昼過ぎに起きてきて1日2食の生活をしたりしていると内蔵が適切な時間に働けず徐々に機能が衰えていってしまいます。内臓機能が弱まると老廃物が溜まりやすくなってしまい、わきがの原因になってしまいます。食べ過ぎにも注意が必要です。

コンテンツ一覧
 
わきが治療で口コミ評判のいいクリニック5選