わきが治療で評判のクリニック5選 全国のわきが治療の名医を集めました

「わきが治療で評判のクリニック5選」は、全国で評判の良いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

わきがの原因

ここでは、わきがの原因について説明しています。

わきがの原因は細菌が汗を分解・酸化するため起こる

わきがは、脇にある汗腺であるアポクリン腺から分泌される汗が原因で起こります。

もともと汗自体には臭いはありません。
しかし、分泌される汗には炭水化物、タンパク質、アンモニアなどが含まれており、皮膚や腋毛の表面に存在する細菌がこの物質を分解することでインドール、メルカプラン、硫化水素などの強い悪臭物質に変化するためわきがが起こるのです。

悪臭物質が肌や衣類につくと酸化が起こり、悪臭が持続することになります。
さらに脇の皮脂腺から分泌される皮脂が臭いを持ち、わきがと一体化することもあります。

アポクリン腺から分泌される汗はアルカリ性です。
細菌は、このアルカリ性の環境では非常に繁殖しやすくなります。
一方、臭いの無い汗は、エクリン腺から分泌されます。
エクリン腺から分泌される汗は弱アルカリ性なので、アポクリン腺から分泌される汗に比べると、細菌の繁殖が抑えられているのが特徴です。

ただし、大量に汗をかくと、しばらくして脇の下に細菌が繁殖し、それほど強くはありませんが汗の臭いがすることもあります。
これは、エクリン腺から分泌される汗にも、微量のアンモニアが含まれているからです。

わきがになりやすいのはどんな人?

わきがは、アポクリン腺の数が多く機能が活発化しやすい人に見られます。
遺伝によるものも大きく、両親あるいは両親のどちらかがわきがであれば、子どももわきがになる可能性は大きいです。

また、女性は男性に比べてアポクリン腺の数を多く持っており、それが原因でわきがは圧倒的に女性が多くなっています。
さらに女性の場合、ホルモンがアポクリン腺の機能を刺激する働きをしており、生理のたびにその機能が活発化するのです。

また、女性は男性と比較すると、皮下脂肪が溜まりやすくなっています。
皮下脂肪は、アポクリン腺や皮脂腺を刺激しやすいため、女性はわきがの原因となる汗をかきやすいのです。

食生活や精神的なストレスなども、わきがを増長する原因となります。
食生活を改善し、前向きに過ごせるような環境を整えることで、わきがを抑制することができます。

コンテンツ一覧
 
わきが治療で口コミ評判のいいクリニック5選