わきが治療で評判のクリニック5選 全国のわきが治療の名医を集めました

「わきが治療で評判のクリニック5選」は、全国で評判の良いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

マイクロリムーブ法

マイクロリムーブ法の基礎知識

わきがを根本的に治療できる方法が、マイクロリムーブ法です。数々の手術方法がある中で傷口が最も小さいです。わきの下を1~2cm程度切開し、専用の医療器具を挿入して施術を行ないます。

医療器具の先端にマイクロチップが付いており、そのマイクロチップが回転することによりアポクリン汗腺が粉砕されわきがが改善されます。マイクロリムーブ法だと80~90%程アポクリン線を除去できます。

医師によって効果に差があることから、マイクロリムーブ法を受けるなら技術のある医師に対応してもらいましょう。いくつかのクリニックのホームページで治療実績を見たり、口コミを見たりしてクリニックを決めてください。

マイクロリムーブ法のメリット

マイクロリムーブ法による手術は、傷口が小さいため体への負担が少ないです。回復も早く、患部の固定は3日~1週間程度で済みます。通院回数は固定を外したり、抜糸をしたりして2回程度です。

傷跡も残らないため、とくに女性にとって嬉しい手術方法でしょう。

マイクロリムーブ法以外にもわきが手術には、剪除法、吸引法、ボトックス法と色々ありますが、その中でもマイクロリムーブ法が再発リスクが低いです。そのため、何度も施術を受ける必要はありません。

そういったところが、マイクロリムーブ法が今注目を浴びている理由です。

  • 負担の少ない手術を受けたい
  • 効果の高い手術を受けたい
  • 再発リスクの低い手術を受けたい

といった人におすすめの手術方法です。

マイクロリムーブ法の手術~手術後について

まず始めに、施術範囲にマーキングをします。その次に局所麻酔を施し、わきの下を切開して専用器具を挿入し汗腺の破壊をします。そして、切開した部分の縫合を行ない、患部にガーゼを当てれば手術終了です。局所麻酔をするので、施術中は痛みの心配がありません。

手術は40分~1時間程度で終わります。手術後は痛み止めを処方してもらえるので、痛みがある場合は服用するようにしましょう。

気になる入浴の開始日ですが、抜糸した翌日から可能です。運動は約2週間後としばらくできないため、その間は安静に過ごしましょう。手術後はわきの下が固定されるため、施術当日~3日後くらいまで動きが制限されます。その期間中は仕事のお休みを頂いておくと無理に動かなくて済みます。

術後の傷口の経過ですが、1~2週間後に患部の皮膚が硬くなることがあります。しかし、時間が経過するにつれて解消するので心配ないでしょう。内出血が起こることもありますが、2週間程度で治ってきます。

まれに「短期的合併症」「長期的合併症」が起こる場合もあるため、注意しておきたいです。

短期的合併症の場合、血腫ができたり強い痛みを感じたりします。わきの下にある小さな血管やリンパ管から成分が滲み出ることで血腫ができるのです。その場合医師の診察を受けて、適切な処置を行なってもらってください。時間の経過に伴って症状が改善されます。

長期的合併症の場合、わきの下に色素沈着が起こり皮膚が茶色になるといった症状が起こります。その場合、色素沈着を解消するトレチノイン等のクリームが処方されますが、治るまでに3~6ヶ月程度の期間がかかります。

手術後は患部に影響のある行動は控えたり、手術後の経過をしっかりと観察したりしておいてください。もし、手術後の症状で不安になることがあれば、担当医師に相談しましょう。医師の適切な処置によって症状は改善されますから心配ないです。

マイクロリムーブ法の大まかな費用

マイクロリムーブ法は保険適用外となっており、費用は両側で約30万円です。クリニックによって多少変わるため、各クリニックの情報収集はしっかりと行ないましょう。

保険適用外ですから、手術費用は結構高額ですが、再発リスクが低く、傷口も小さいということで画期的な手術方法でしょう。

マイクロリムーブ法でわきが手術を受ける場合は、効果、注意点、費用など重要な部分を把握し、医師のカウンセリングを受けることが大切です。

コンテンツ一覧
 
わきが治療で口コミ評判のいいクリニック5選