わきが治療で評判のクリニック5選 全国のわきが治療の名医を集めました

「わきが治療で評判のクリニック5選」は、全国で評判の良いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

治療法の種類を比較

ここでは、主なワキガの治療方法について紹介していきます。

剪除法(皮弁法)

ワキの皮膚を大きく切開し、皮下を剥離し、反転させながら皮下組織を除去する方法で、従来からワキガ治療の主流となっています。汗やニオイの原因となっている汗腺を除去するため、確実な効果が望めます。ただし、メスを入れる治療のため、ダウンタイムが長く、傷跡が残るという点においてデメリットがあります。

また、数ある治療法のうち、唯一健康保険が適用できる方法です。

ミラドライ

マイクロ波を照射することで汗腺にダメージを与える方法です。このマイクロ波は、水分をたくさん含む汗腺のみに作用し、他の組織にダメージを与えることはありません。

また、マイクロ波は広範囲に照射することが可能で、汗腺を根こそぎ破壊することができます。さらに、患部にはメスを入れないため、身体への負担が軽く、傷が残る心配もありません。

ボトックス法

注射にてボツリヌス菌を注入します。汗を抑えることができますが、効果は6ヶ月ほどしか持続しませんので、定期的に施術を受けなければなりません。

吸引法

ワキの下の皮膚を5mm~1cmほど切開し、細い管で汗腺を吸引する方法です。最小限の切開で身体への負担を軽減できますが、汗腺を目で見て確認せずに吸引するため、汗腺を取り残すこともありますので、経験豊富な医師の施術を受けることが大切です。

ウルセラドライ

川崎中央クリニックの院長が開発した画期的な治療法です。前立腺がんなどの治療で用いられていた高密度焦点式(HIFU)の「ウルセラシステム」を用いて、高密度の超音波を患部に集中的に照射していきます。

これにより、アポクリン腺とエクリン腺を焼却できるため、確実に臭いの元を断つことができます。これまでの治療のように皮膚を切開することはないため、ダウンタイムがほとんどなく、傷跡も残りません。

また、多くの方が1~2回の治療で効果を得られているため、注射のように定期的に通院する必要もありません。

マイクロリムーブ法

マイクロリムーブ法は、ほんの1~2cm程度わきの下を切開し、そこからとても細い専用の医療機器を使用してアポクリン汗腺を壊して吸い取る方法です。たくさんのわきが治療法がある中で最も小さな傷で効果が高いと言われている手術法です。

ビューホット

ビューホットはメスを使わないわきが治療で、従来のわきが治療のマイナス面をすべて払拭した治療といわれています。伸縮する細い針がついた医療用のスタンプで、わきがのニオイの元になる汗腺(エクリン腺・アポクリン腺)を熱で破壊します。

電気凝固法

電気凝固法はメスを使わないわきが治療で、細い電極針をワキ毛の毛根に刺し、高周波を流すことにより熱の力で皮脂腺やエクリエン線、アポクリン腺を破壊します。針を刺す治療法なので傷跡が目立たず、ダウンタイムも短いといわれています。

コンテンツ一覧
 
わきが治療で口コミ評判のいいクリニック5選