わきが治療で評判のクリニック5選 全国のわきが治療の名医を集めました

「わきが治療で評判のクリニック5選」は、全国で評判の良いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

妊娠とワキガの関係

妊娠中や出産後にワキガが気になってしまう女性は意外に多く、ネットの質問コーナーでは、ワキガに悩むママの声が沢山よせられています。

ですが、なぜ妊娠や出産を経ることで、突然ワキガを自覚するケースがあるのでしょうか?まさか、子供を産むことで、何か体質が変わってしまうということなのでしょうか?

このページではそれらの原因や対策を追究するべく、「妊娠と出産後の女性の身体とワキガの関係性」についてお話していきます。

妊娠中や産後はワキガになりやすい?

妊婦と小児用靴

妊娠中や産後はアポクリン腺が発達しやすい

アポクリン腺とは、ワキガなど臭いの原因になる汗腺のことで、遺伝により持つ人と持たない人が存在すると言われています。

アポクリン腺がない場合は、妊娠や出産の後にもワキガにはなりません。

妊娠中や出産後にワキガを感じる方は、少なくともこのアポクリン腺を持っているのです。

妊娠中や出産後に急に臭いが気になるのは、乳腺が発達することや、ホルモンバランスが崩れて、自律神経が乱れることによりアポクリン腺が活発になるためだと言われています。ちなみに、乳腺の周りにもアポクリン腺は存在するため、乳輪あたりに臭いを感じる人もいます。

もともと、アポクリン腺自体は悪いものではなく、脇のアポクリン腺は異性を惹きつけるためのフェロモンとしての役割を、乳輪周りは赤ちゃんが嗅覚によりママのおっぱいを見つけられるように、という目印の役割を担っています。

妊娠中は感覚が敏感になるため、ニオイを感じやすい

妊娠中は、臭いや食の好みが変わると言われています。それは、妊娠をすることにより母性本能が働いて、嗅覚を研ぎ澄まし、危険をいち早く察知するためだと言われています。

そのため、自分自身の臭いに対しても嗅覚が働いてしまうこともあるでしょう。

また、妊娠中は便秘になりやすく、腸内の便が体内を巡り、体臭として現れることもあります。

出産経験とワキガの関連性についての調査結果

産後はワキガが強くなるという体験談は非常に多いのですが、実は大手化粧品メーカーであるマンダムによると、出産未経験の女性と、産後の女性のワキガの強度には大きな変化は見られませんでした。

参考:マンダム、日本人男女の腋臭(ワキ臭)の違いを明確化

ただし、出産経験のない30代の女性に比べて、出産経験のある女性の方が、やや臭い強度は高いようです。

また、出産経験の有無で大きく差が開くのが、「経表皮水分蒸散量」だそう。経表皮水分蒸散量とは、無自覚のうちに体内から外へと発せられる水分のことです。つまり、身体からどれだけ水分が外に逃げてしまっているか、という値を指します。

ここで考えられる、臭いとの関係については2つあり、まず、水分が蒸散することによって汗が乾きにくくなる可能性があります。

その例として、濡れてしばらく時間が経った雑巾を想像して頂きたいのですが、濡れている状態だと臭いって強いですよね。ですが、乾くと臭いが気にならなくなりませんか?水分が多い方が雑菌は繁殖がしやすく、それが臭いの原因に繋がっている可能性があります。

もう1つは、水分が身体から逃げてしまうことによる脱水状態による体臭です。

あるお医者様によると、脱水症状を起こすと、便秘になりやすいそう。便秘の状態が長期間続くと、アンモニアなど臭い物質が体内に吸収されて、吐息や汗から発せられてしまうとのこと。

ただ、どちらもあくまで憶測ではありますので、本当のところは、妊娠とワキガの因果関係について確実なことは分かっていません。

妊娠中や産後のワキガが悪化する原因

ホルモンバランスの変化

内科医師の話によると、女性ホルモンは臭いと密接に関係しているとのこと。生理前、妊娠中、産後などはホルモンバランスが変化しやすく、汗腺も活発になるそうです。

また、妊娠がきっかけにより乳腺が発達することで、汗腺が刺激されてワキガが発生することもあるという産科看護師の声も。

通常、産後のホルモンバランスが整うことにより臭いが解消されていくのですが、元々ワキガ体質の人は改善がされないこともあるようです。

免疫力の低下による、雑菌の繁殖

妊娠中、出産後はママにとってはストレスの多い時期です。妊娠中は赤ちゃんに栄養をとられてしまいますし、出産後も、授乳や子育てによる疲労・睡眠不足が原因で免疫力が落ちやすいと言われています。

疲れて免疫力が下がると、菌に対する殺菌機能も弱くなり、ワキガだけでなく口臭などの原因にも繋がります。

妊娠中や産後は汗をかきやすい

先ほどお話した通り、妊娠や出産がきっかけで、ホルモンが変化することにより、汗腺が刺激されて汗をかきやすくなる可能性があります。汗を沢山かくと雑菌が繁殖しやすくなりますし、臭いの原因であるアポクリン腺が活発になることで、ワキガの原因になります。

妊娠中や産後のワキガ対策

妊婦のお腹とリボン

運動する

ホルモンバランスの乱れによる汗と、運動による汗はかき方が違います。運動による汗は汗腺が正常に働いている状態。体温調節をするための良い汗をしっかりかくことは、ワキガ対策だけでなく健康にもプラスになります。

栄養バランスの取れた食事をする

ワキガの原因には、食事もあります。出産後に気がゆるみ、偏った食生活をしてはいませんか?その場合、食事により臭いが悪化する可能性があります。

出来るだけ、アルカリ性の食べ物(野菜や海藻など)を口にするようにし、体臭の原因を避けましょう。食事については、当サイトの「わきがを予防する3つのポイント」にもご紹介しています。

薬用のデオドラントを使う

臭いが気になる場合、デオドラントを使うようにしましょう。産後は肌が敏感になっていますので、デオドラントには薬用がおすすめ。

気にしすぎず、身体を労わったケアをしましょう

妊娠中や出産後は、嗅覚も敏感になり、自分の臭いでさえ気になってしまいがち。

ですが、実際には気になっているのは自分だけかもしれませんし、ほどほどに対策を取りつつも、あまり考えすぎないようにしましょう。

ですが、どうしても気になる場合、出産後しばらく経ってもワキガが改善しない場合には、クリニックに相談してみると安心かもしれません。

コンテンツ一覧
 
わきが治療で口コミ評判のいいクリニック5選