わきが治療で評判のクリニック5選 全国のわきが治療の名医を集めました

「わきが治療で評判のクリニック5選」は、全国で評判の良いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

わきが治療で口コミ評判のいいクリニック5選 » ワキガを治すために知っておきたい基礎知識 » 安心してわきが治療を受けたいなら手術の流れを把握

安心してわきが治療を受けたいなら手術の流れを把握

わきが手術の流れ

基本的に手術の流れは5つに分けられます。1つ1つの流れを把握できれば、スムーズにわきが治療を受けられます。

①皮膚科に行く

皮膚科ではわきがの程度を診断してくれるため、わきが治療を受けたことがない方はまず皮膚科へ行き検査を受けましょう。検査を受けることにより自分に合った治療法を選べます。 皮膚科といっても沢山の数がありますから、色々なクリニックを比較した上で選んでください。クリニックを紹介しているサイトを活用してみるのもおすすめです。

②診察・カウンセリングで相談

問診したり、脇の臭いを確認したりしてわきがレベルの診断をします。またアポクリン線の状態を見るために、脇を開く場合もあります。わきが臭をチェックするため、クリニックに行く際は香水や臭いのある整髪剤の使用は避けてください。臭いが強いものをつけると正確な診察ができなくなります。 検査を受け結果が分かったところでわきが治療に入りますが、方法は外科的手術だけではありません。わきがレベルが低ければ薬で対処することもあります。手術と薬どちらのわきが治療法を選ぶのかは、医師と相談しながら決めていきましょう。 カウンセリングを受けることで不安に思っていること、疑問に感じていることを解消できます。ですからカウンセリングは納得いくまで受けてください。

③手術当日

手術当日はブラジャーをつけられないため、スポーツブラまたはノーブラの状態で帰られるようにすると良いです。ノーブラで胸が気になるという場合は、厚手の服装だと胸をカバーできるのでおすすめです。 また麻酔の影響で車の運転が困難になることも考えられるため、電車やバスなどの公共交通機関を利用して来院しましょう。傷跡が小さい手術なら大きな問題はないかもしれませんが、なるべく医師に相談してから判断してください。

④手術後

手術3,4日後に抜糸したり、ガーゼやチューブを外したりします。抜糸したあとはシャワーを浴びることが可能ですが、個々によって傷口の状態が異なるため医師に診てもらい可能か判断してもらってください。ちなみに入浴は手術を終えた10日後あたりからが良いとされています。シャワーを浴びたり、入浴をしたりする際に注意したいことは、腕を上に上げすぎないということです。無理に上げると脇が引っ張られて傷口の状態が悪くなる恐れがあるため気をつけましょう。また脇はデリケートなため、状態が落ち着くまではその他負荷の掛かる行動は控えましょう。

⑤アフターケア・もう片方のわきの手術

傷口から菌が侵入し化膿しないように消毒を行なったり、脇がつっぱらないようにマッサージなどをしてもらったりします。クリニックによってアフターケアの方法は異なるため、事前にどのようなケアをしてくれるのか確認しておくと良いでしょう。充実したアフターケアが揃っていると、その時の状態に適したケアが受けられます。

もう片方のわきが治療の日程は、傷口の経過を見ながら決めます。大体2ヶ月程経過すれば手術をした脇の状態も安定してきているため、もう片方の手術に移れるでしょう。とは言え、無理は禁物ですからスケジュールは医師と話し合いながら無理のない範囲で決めてください。

手術を考えている女性は冬がおすすめ

わきが治療法によっては切開をするため、しばらくの間大きな傷跡が残ります。夏場だと半袖で過ごすことが多いため、腕を上げたときに傷跡が見えることがあるでしょう。コソコソ着替えるのも面倒ですし、仕事柄腕を上げることが多い方は気になってしまいます。冬なら長袖を着て過ごしているので、脇を見られる心配がありません。周囲の目線を気にせず行動できるため、精神的に楽に過ごせます。このことからわきが治療はできるだけ冬に受けるのがおすすめです。

コンテンツ一覧
 
わきが治療で口コミ評判のいいクリニック5選