安くて切らないわきが治療クリニック7選

全国からワキガ治療が得意な
クリニックを集めました

本サイトは、全国から切らないバレない、しかも価格が安いわきが治療クリニックをご紹介するサイトです。長い間わきがで悩んでいる、治療を受けたが効果がなかった・・・そんな方は、当サイトでピックアップした頼れるクリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

切らないわきが治療・おすすめのクリニックBEST7 » わきがを治すために知っておきたい基礎知識

わきがを治すために知っておきたい基礎知識

わきが治療にはさまざまな方法があり、クリニックによっても採用する方法が異なっています。

それぞれの治療法のメリットやデメリット、ダウンタイムなど、詳細を知ることは大切です。

また、治療法を選択するにあたっては、費用についても気になるところでしょう。手術による治療など、健康保険が適用となる方法もあります。

保険が適用となる条件や費用について理解しておけば、医師とのカウンセリングもスムーズになるでしょう。

近年は、新しい治療も登場してきており、クリニックが独自で採用している治療法は自由診療となっています。

こちらでは、保険診療と自由診療を比較し、どちらの方法が体への負担やリスクを減らせるのかについても解説しています。

治療が成功するかどうかは医師やクリニック選びにかかっていますのでクリニック選びのポイントについてもまとめています。

こちらで紹介している内容をよくチェックし、治療法やクリニック選びに役立ててもらえれば嬉しく思います。

治療費について

わきがの治療費は、施術法によって異なります。剪除法の場合、多くのクリニックで保険適用となるため、片側20,000円程度で受けることができます。

ボトックスは両わき70,000~85,000円くらい、ミラドライは両わき1回300,000~350,000円というのが相場のようです。目立ちにくく、効果の高い治療のほうが、より、治療費も高くなる傾向にあるようです。

ミラドライは、クリニックによってモニター価格や保証付きのプランなどがあり、価格も変わってきます。

クリニックの選び方について

クリニックを選ぶ際には、いくつかポイントがあります。

まずは、どんな治療法を行っているのか。剪除法のみを行っているところもありますし、剪除法は行わず、ミラドライやボトックスをメインに行っているところもあります。まずは、自分が望んでいる治療法を採用しているところをピックアップしましょう。その上で、その治療法に対する医師の実績なども調べてみるといいでしょう。

治療の実績はもちろんですが、カウンセリングやアフターフォローも重要なポイントです。クリニックの姿勢やスタッフの対応なども併せて、口コミなどをチェックしてみましょう。

保険適用について

保険が適用になると、ワキガの治療費を抑えることができます。多くのクリニックでは、剪除法は保険が適用になるとされています。ただし、保険適用になるためには、いくつかの条件をクリアしなければならないこともあるので、事前に確認しておきましょう。

クリニックによっては、ボトックス注射も保険適用になることがあるようです。ボトックス注射を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

施術の流れについて

ワキガの治療のひとつである、剪除法の場合、まずは局部麻酔を行います。ワキのしわに沿って切開し、医師の眼で直接確認しながら、アポクリン線を除去していきます。

その後、縫合し、皮膚の下に血がたまらないようにタイオーバーを行い、施術は終了です。タイオーバーで2~3日圧迫して、1週間後くらいに抜糸を行います。タイオーバーで固定している間は、重いものを持ったり、激しい運動をしたりせず、安静にしましょう。

手術の傷跡について

ミラドライは切開を必要としないので、傷跡が残る心配はありません。ボトックス注射の場合も、施術後、針の跡ができることもありますが、数日で治まります。

剪除法の場合、数センチの傷跡ができますが、ワキのしわに沿って切開を行われることが多く、ワキのしわと同化して目立ちにくくなるようです。
ただし、施術を担当する医師の技術力によっては、傷跡が目立ってしまうことも多々あります。

また、術後の安静期間に、重いものを持ったり、激しい運動をしたりすると、傷跡がひどくなってしまうことがあるので注意しましょう。

わきが治療の失敗について

ワキガ治療の中でもっとも多い失敗が、治療をしても再発してしまったり、かえって臭いが強くなってしまうこと。ワキガの治療をしたら、チチガやスソワキガの臭いが強くなってしまったという人もいるようです。

そのほか、汗の量が増えてしまったり、わき毛が生えなくなってしまうことも。中には、むくみやしびれなどの副作用が起こることもあるので、治療の際には、術後、どのようなトラブルが起こりうるのか、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

周りにバレずにわきが治療をするためには?

ワキガの治療をしたことを周囲にばれないようにするためには、まず、傷跡を目立たないようにすること。そのためには、傷跡の残らないミラドライやウルセラドライ、ビューホット、ボトックスなどの治療がおすすめです。
皮膚を切開する治療であっても、マイクロリムーブ法など、切開が小さいものであれば、術後の傷跡も目立ちにくくなります。

切開をする治療として代表的な剪除法ですが、ほとんどのクリニックでは、ワキのしわに沿って切開をしてくれるので、術後、傷が目立ちにくいといわれています。

しかし、医師の技術力や施術の丁寧さによって仕上がりがまるで違います。剪除法を選択する場合は、施術の実績や医師の技術力などをしっかりチェックするようにしましょう。

剪除法など、術後、ダウンタイムが長く必要な治療法の場合、仕事や学校を休んだり、包帯のために腕が動かしづらくなっていたりして、周囲の人に不振がられることがあるかもしれません。

ダウンタイムが長い治療をする場合には、1週間程度、休みがあるときに行うのがおすすめです。

コンテンツ一覧